本文へスキップ

佐久市の内科・腎臓・循環器及び透析。あさまコスモスクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0267-66-7701

〒385-0021 長野県佐久市長土呂字若宮1198

院長紹介introduction

ご挨拶

 
 あさまコスモスクリニック院長の山崎 諭と申します。
 私は大学卒業後、信州大学第一内科(循環器・呼吸器)に入局しました。大学病院および関連病院にて、主に循環器専門医として、虚血性心疾患、弁膜症、不整脈などの診療に従事し、心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術(PCI)、ペースメーカー植え込み術などの検査・治療を行ってきました。
 その後、H16年より佐久病院腎臓内科に所属し、腎臓内科専門医および透析専門医として、CKD(慢性腎臓病)=慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、保存期慢性腎不全、末期腎不全(血液透析、腹膜透析)などの診療に従事し、腎生検、シャントPTA、内シャント手術などの検査・治療を行ってきました。また、ICUでは、CHDF、血漿交換、エンドトキシン吸着などの急性血液浄化療法を積極的に導入し、多発性嚢胞腎(ADPKD)に対する腎動脈コイル塞栓術も施行してきました。


 腎臓内科は、総合内科と言っても過言ではなく、CKD(慢性腎臓病)に付随する呼吸器疾患、消化器疾患、脳血管疾患、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症)など、様々な内科疾患を診察しなくてはなりません。特に、循環器疾患、生活習慣病と密接な関係があり、CKDは末期腎不全や心血管疾患の大きな危険因子であることが明らかとなってきました。従って、@末期腎不全(透析)への進展阻止、心血管病の予防のため、CKDを早期発見し、早期治療すること、また、A末期腎不全となり、透析療法が必要になっても、オンラインHDFのようなハイレベルな透析療法を行い、生命予後を改善する目的で、2013年9月14日、内科(特に腎臓・循環器・糖尿病)&透析クリニックを開設しました。 循環器(14年)および腎臓(10年)の診療に携わった経験を活かして、最新かつ安全な治療を提供することで、地域の皆様に信頼されるクリニックを目指したいと考えています。

 当クリニックの診療内容につきましては、内科透析の各ページで更に詳しくご紹介していますので是非ご覧下さい。

院長プロフィール

あさまコスモスクリニック院長 山崎 諭

※経歴
飯田高校、山形大学医学部を卒業
平成元年〜信州大学第一内科(循環器)
小諸厚生総合病院、群馬循環器病院勤務
平成5年〜信州大学大学院(医学博士)
安曇野赤十字病院、市立大町総合病院、国立病院機構東長野病院、名古屋共立病院勤務
平成16年〜佐久総合病院勤務(腎臓内科副部長、透析室責任者)
平成25年9月14日あさまコスモスクリニック開設

※資格
医学博士
日本内科学会  総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会  腎臓専門医・指導医
日本透析医学会 透析専門医・指導医
日本循環器学会 循環器専門医


AsamaCosmos-Clinicあさまコスモスクリニック

〒385-0021
長野県佐久市長土呂字若宮1198
TEL 0267-66-7701
FAX 0267-66-3520


※生活保護法指定医療機関
※指定自立支援医療機関(更生医療)

*地域医療連携について*
佐久総合病院(登録医)
小諸厚生総合病院
浅間総合病院